TAKAO_productscatalog_web
51/332

大分県豊後高田市には、昭和の古き良き町並みを再現した「昭和の町」があります。昭和10年前後に米蔵として建てられた旧高田農業倉庫を改築した「昭和ロマン蔵」やレトロな商店街、町を走るボンネットバスなど、まるでタイムスリップしたかのような懐かしい風景が広がります。その「昭和の町」に隣接する公園には、町のコンセプトに合わせた大型コンビネーション遊具を設置しました。昭和30年代の車やバス、東京タワーなどを盛り込んだ景観にマッチするレトロなデザインが魅力です。東海道新幹線の初開通をモチーフにしたジェットスライダーは、東京タワーの高さ333mにちなみ、長さが33.3m。高さ15mからスタートする迫力満点の滑りが子どもたちを魅了しています。昭和の町大分県豊後高田市050屋外遊具施工実績

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 51

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です