TAKAO_productscatalog_web
320/332

大型遊具の塗装も可能にする4基の広いブース大型遊具の塗装も可能にする4基の広いブースデザインの魅力を引き出す吹き付けもお手のもの。金属加工を済ませた遊具は、大型乾燥炉を備えた塗装ブースに運ばれます。塗装ブースは大小合わせて4つ。大型ブースは、全長10.7m、幅4.2m、高さも3.8mあり、スペースを気にすることなく製品の塗装を行うことができます。本体遊具は塗りに入る前に素地調整をします。研磨、洗浄、脱脂、化学処理、目止めといった一連の作業は仕上げに大きく影響するので決して手を抜けません。タカオが最もこだわっている部分でもあります。その後、下塗り、中塗り、上塗りを経て、乾燥炉で高温焼付けを行います。塗装の要は「十分に準備した素地」「吟味選定した塗装材料」「熟練の技」の3つ。この3つのバランスが保たれてはじめて光沢の肉持ち感、平滑性の優れた遊具が生まれます。高品質な製品を世に送り出すために「決して手を抜かない」。このこだわりもまた、「すべてを自社工場で創る」タカオのモノづくりの姿勢のひとつです。321

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 320

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です