TAKAO_productscatalog_web
298/332

色のイメージとその効果について企画からプレゼンテーションまでタカオは、景観上好ましい色彩を選定するには隣接する施設や背景とのバランス、設置する場所の歴史的な背景や立地条件など公共性・美観性などに配慮しながら慎重に選定する必要があると考えます。その地域の特長的な町並みを基調としながら個性ある色彩景観を形成し、活気ある街づくりのお手伝いをいたします。景観の中の色彩には、各建造物によって色域が定まっています。それらは誘目性の順位に従い、それぞれの対象にふさわしい配色が必要であり、多くの人に親しまれてきた使用頻度の高い色を優先的に使うことが重要です。タカオでは、このような公共性を配慮した上で、誘目性の順位を損なわないよう色彩計画を行っています。公共性に配慮する人に個性があるように、街にも個性があります。タカオはその地域に根づいた色彩・素材を活かすことで、特徴的なまちづくりのお手伝いをします。地域性に配慮する商業地と住宅地では、街の景観や色彩も異なります。ある特性をもった地区の中に、特性の異なる建造物をつくる場合には、こうした地区性に配慮した色彩の選定を行っています。地区性に配慮する景観の中にはさまざまな形態があります。これらの色彩を選定する場合には騒色を取り除き、周辺にある色彩との調和にも十分配慮し、形態によくあった色彩・配色の選定を行っています。美観性に配慮する自然がもっている質感や色彩には、人工色とは異なった新鮮さ・やさしさがあります。しかし、都市の景観の中ではこれらの自然が十分に活かされていません。景観を構成する色彩計画ではこの自然の色彩(季節の変化)にも十分に配慮した色彩の選定を行っています。環境性に配慮する材料の耐久性が不十分であれば、美しい景観は長く維持できません。色彩についても同様のことが言えます。色材によっては太陽光や雨水によって変褪色するものや、汚れが目立つものがあります。タカオでは耐久性が高く、メンテナンスの容易な材料を使用し、色彩計画を行っています。耐久性に配慮する色彩計画では、全ての人々が安心して街を歩けるよう配慮する必要があります。特にサインは視認性を高めると同時に、その周辺の色彩との関係を配慮した色彩の選定を行っています。安全性に配慮する暖かく感じる食欲が増進する気持ちが前向きになり元気が出る時間経過を早く感じさせる食欲増進!元気をくれる色Red疲れを癒す(特に目の疲れに効果的)鎮静作用、緊張緩和などリラックス効果穏やかな気持ちになる健康を導くストレス解消!癒しの色Green発汗を抑え涼しく感じる精神を落ち着かせ、安定させる集中力を高める食欲を減退させる信頼感や説得力を感じさせる誠実な色Blue希望をもたらす心を開かせる 洞察力・決断力を高める精神を高揚させる明るく活発!知性や好奇心を高める色Yellow自然で直情的な陽気さ積極的な姿勢に導く健康や活力、創造力と喜びをもたらすコミュニケーション能力を高める自信と勇気を与える色Orange生き生きとさせる親切な心に導く意気揚々と自由な心にさせる変化・変身の機会を与えてくれる親切で開放的な色Light Blue色を決めるプロセス299

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 298

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です