TAKAO_productscatalog_web
296/332

古くなった遊具、そのまま使用しても大丈夫?Q1Aまずは有資格者による劣化及び規準点検を!一番気になるのは、やっぱりお金のこと。基本構造体や可動部などの経年劣化による危険がないか、安全領域などの規準にあわない危険がないか、有資格者にて点検を行ってください。リニューアルと新設どちらがいいの?Q2Aまずは現地、現物の確認をさせてください。修繕する箇所など条件により費用は大きく変わります。しかし愛着のある所を残し、最新の素材、アイテム、規準に適合させるかは悩みどころです。設置場所により劣化度は違いますか?Q3A気になることがあればすぐ相談を!沿岸部、山間部、雪や雨、風など気象条件により劣化のスピード、部材の強度低下は大きく異なりますのでお気軽にご相談ください。費用の目安を知っておこう。Q5A内容や規模によってその金額は大きく異なりますが、まずは大まかな金額を知ることから始めましょう。修繕計画を立てるときの参考になります。リニューアルのできること、できないこと。Q4Aだいたいのリニューアルは可能。ただし、やみくもに修繕を行うことで逆に危険につながることにもなりかねません。お気軽にご相談ください。修繕・安全対策専任スタッフがリニューアルをフルサポートします。おまかせください!公園施設製品安全管理士が調査に伺います。①現地調査資格を有する経験豊富な公園施設製品安全管理士や整備技士が在籍し、直接現地調査に伺います。安全管理士が答えるリニューアルのポイント公園施設製品297

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 296

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です